1. TOP
  2. ダイエット
  3. テレビ番組
  4. 【主治医が見つかる診療所】バイきんぐ西村もラク痩せ!ブログダイエット!

【主治医が見つかる診療所】バイきんぐ西村もラク痩せ!ブログダイエット!

 2018/11/03 テレビ番組
この記事は約 10 分で読めます。 523 Views
パソコンを見ながら電話をする白衣の栄養管理士

10月18日放送の「主治医が見つかる診療所」で、10000万人の脂肪を減らした管理栄養士が好きなものをガマンしなくても食べて痩せる方法を教えてくれました。

このダイエットに挑戦したのが、人気お笑いコンビバイきんぐ小峠さんの相方である「西村 瑞樹」さんです。

西村さんに聞いてみると、好きなものを普通に食べてもいいのでダイエットしてる実感がないとのこと。その名も○○ダイエットっていうそうです。初めて聞きました!

さっそく、その1万人の脂肪を減らすことに成功した方法を教えていただきましょう^^

スポンサーリンク

西村 瑞樹さんが2週間ブログダイエットに挑戦!

年に1回バイきんぐの単独ライブでネタ10本もやってるそうなのですが、息が上がって苦しくなってネタとネタの間に酸素ボンベで酸素吸入してるそうです。

ブレイクする前までは、そんなに太ってなかったのですが、売れて人気が出てから金銭的に余裕が出てきておいしいものいっぱい食べてるんでしょうか?

20歳のころと比べると、なんと20kgも増えちゃったんそうです。お腹もパンパンに張ってる感じがなんだか苦しそうです^^;

そんな西村さんの脂肪の状態を、番組主治医の秋津先生がチェックしてもらいました。すると、内臓も肥満していて内側からのデブ状態であると。

  • 身長 170cm
  • 体重 83.2kg
  • 腹囲 99.9cm
  • 体脂肪率 27%
  • 内臓脂肪 138c㎡(基準値100c㎡)

内臓脂肪値がこれだけあると、恐ろしい心筋梗塞の原因になってしまう可能性があるので気をつけないといけないですね。ていうか、痩せないといけません^^;

ブログダイエットに挑戦!

スマートフォン(スマホ)を操作する女性

ブログダイエットで痩せるように指導してくれるのが、カリスマ管理栄養士の「菊池 真由子」先生です。今まで、阪神タイガースや国立循環器病センターの最新栄養学の食事指導をしていたすごい方です。

ブログダイエットを西村さんに伝えると、ブログダイエット~?ってメチャいいリアクションで聞き返してくれました^^

このブログダイエット、なにがすごいかというと実践されたほとんどの方がすんなりと減量に成功されてるんだとか。しかも、年齢問わずにです。

  • 20代女性 13kg減(9ヵ月)
  • 40代男性 7kg減(6ヵ月)
  • 30代女性8kg減(4ヵ月)

食事制限などなく、一切ムリをせずに食べたいものを食べて痩せたそうです。もう早く知りたいですよね~ブログをどうやって使うダイエット法なのか。

ブログダイエットっていうのは、ネット上のブログに写真と説明文を毎日毎食アップします。例えば、夕食は焼肉でカルビやタン塩を食べました~みたいな感じですね。

で、そのアップしたブログを菊池先生が見て、添削してくれるというシンプルなものです。それを食べるなら、こっちのほうが脂肪燃焼しやすいですよ~、という感じでアドバイスしてくれるんですね。

ブログダイエットの良いところは、菊池先生にもほかの人にも誰にも顔を合わすことなくダイエットすることができるところですね。特に、女性にはうれしいことですよね。

菊池先生に指導してもらいたいという人が多いそうで、予約しても3ヶ月待ちなんだそうです。食べたものをアップするだけですもんね~。スマホかパソコンさえあれば家でもどこでもできますね^^

ブログダイエット初日

この日は、朝と昼は食べずに夕食をドカ食いした西村さん。料理を作るのは好きだそうで、特にパスタが大好物でソースから下ごしらえするそうです。

奥様と2暮らしなので、2人分のパスタを作ってるのかと思いきや、え?コレ全部1人で食べるの?・・・ちなみに300g(3人分)もあります^^;

この日の夜に食べたものは、

  • トマトの魚介パスタ(300g=3人前)
  • 水菜サラダ
  • 冷奴
  • 缶ビール(350ml×2本)

大量のとうがらしと、チリペッパーとこしょうをどれだけ入れんねん!っていうぐらい鍋に放り込んでました(笑)

この夕食をブログにアップして、菊池先生にさっそくお返事がいただきました。どんだけパスタ食べるんだよ!と、怒鳴られるかと思いきや、めっちゃ優しーく分かりやすくアドバイスしてくれるんです。

どんなコメントをくれたのかというと、パスタの量が多いです。1日3食きちんと食べたほうが食べすぎを防ぐことが出来るので太らないですよ。

でも、ビールはやめなくてもOKです。炭酸でお腹がふくらみます。ただし、1日平均500ml程度にするのが太らないコツですとのこと。

こんなに優しく的確に指導してくれたら、なんか先生のためにもダイエットがんばっちゃおう!とか思っちゃいそうです^^

初日の菊池先生のアドバイスまとめ

朝食と昼食を抜いて、夕食をドカ食いしてしまった西村さん。さっそく、初日の菊池先生からのアドバイスを的確にいただきました。

  1. 1日3食きちんと食べること(ドカ食いを防げる)
  2. 調味料は、トウガラシよりもショウガオイルを使う
  3. ビールは1日500mlまでにする

この3つのポイントを言われた通りに実践してみることに決めた西村さん。これだったら、全然つらくないですしきちんと3食(朝、昼、晩)食べれますもんね^^

菊池先生直伝!食べて体重を減らす3つの方法

番組内で紹介された、食べても太らない方法を3つ教えてくださったのでお伝えしていきたいと思います。

ここでは、「トウガラシとショウガ」、「刺身と焼き魚」、「シュークリームとショートケーキ」のどちらを選べば食べて賢くやせることができるのかを紹介します。

菊池流 食べながら脂肪を減らす方法1

生の生姜(ショウガ)

トウガラシとショウガ、脂肪を減らすならどっちがいいと思います?どっちも脂肪を減らすのに良さそうですが、正解はショウガ(ジンゲロン)なんです。

菊池先生いわく、今の時期にトウガラシを食べると、辛味成分のカプサイシンで食欲増進効果が出てしまうとのこと。

菊池先生がオススメするのが、ショウガを熱して作るショウガオイルが良いとのこと。このショウガオイルをパスタなどに合わすことで、脂肪燃焼効果+減塩効果もあるそうです。

ショウガオイルの作り方は、もう少し下のほうでお伝えしております^^

菊池流 食べながら脂肪を減らす方法2

脂の乗った美味しそうな中トロ

続いて魚の問題ですが、お刺身と焼き魚のどっちが脂肪を減らすのでしょうか?そうです、正解は栄養豊富なお刺身でした。

魚の脂には、中性脂肪を押さえるDHAやEPAという成分が豊富に含まれているんですね。焼き魚にしてしまうと、それらの脂肪燃焼の成分たちが焼け落ちてしまうんだそうです。

焼き魚もおいしいのですが、ダイエット目的ならお刺身が向いているんですね。脂肪燃焼を促進してくれる脂をおいしくいただいちゃましょう。

菊池流 食べながら脂肪を減らす方法3

クリームたっぷりなシュークリーム

最後にスイーツなのですが、ダイエット時に食べるならシュークリームかショートケーキどっちがいいのでしょうか。そうですね、正解はシュークリームです。

ショートケーキは、スポンジ部分に大量の砂糖が使われているんですね。ショートケーキおいしいのですが、痩せたいならやめておきましょう。

ビールと枝豆の組み合わせが太らないコツ

菊池先生からの提案で、ビールを飲むときは枝豆を一緒に食べると太らないそうなんです。ビールといえば枝豆って、なんだか自然と組み合わせてた感があったのですが、理に適(かな)ってたんですね。

枝豆には、以下の2つのダイエット効果があるそうです。

  • ビタミンB1 糖質を分解
  • ビタミンB2 脂肪を燃やす

これを見たら、ビールのお供に枝豆をつまみとして食べない手はないですね^^

バーベキューをしてもOK!

この日はブログダイエットの最終日なのですが、気心知れた芸人仲間とBBQを楽しんでました。アウトドアの達人西村さんは、年に20回以上もキャンプに行くそうです。

さすが、手際よく肉を焼いていただきまーす、ちょっと待った!その前に、出ました枝豆。先に枝豆を食べておくことで太りにくくなるからと、菊池先生から教わったことをみんなにもススメていました。

続いて、どんだけデカイねんって言ってしまうくらいの、私物の5kgもあるフライパンを持ってきました。何を作るのかというと、糖質の多い焼きそばです。

ダイエット中は控えないといけないのですが、これを先ほど菊池先生が教えてくれたショウガオイルで作ることで脂肪を蓄積させないようにしてくれるんですね^^

ショウガオイルの作り方

●ショウガオイルの作り方

1.ショウガを皮付きのままフードプロセッサーでみじん切りにする

2.加熱したオリーブオイルに入れ、弱火で1分間混ぜれば完成

で、保存方法ですが、冷ましたあとにビンなどの容器に入れて、冷蔵庫に保管すれば1週間は使えるそうです。パスタ以外にも、炒め物や焼き物にもバッチリ合うそうですよ^^

番組主治医の評価は?

カリスマ管理栄養士である菊池 真由子先生の今回のブログダイエットに対して、番組主治医の先生方の評価をしました。評価は星の数で決めます。★1~3のようにね。

評価をした先生は、「秋津 壽男」医師、「上山 博康」医師、「中山 久徳」医師、「南雲 吉則」医師、「姫野 友美」医師の5人です。

秋津先生 【★★★】

ダイエット経験者なら痛いほどよく分かると思うのですが、なんでこんなにしているのに痩せないの?という孤独な戦いになってしまうと。

でも、今回のように、いつも応援してくれる人が側にいてくれると思うだけで、非常に心強くなれるところがメリットになると言ってました。

南雲先生 【★★★】

まず褒めているところがいいとのこと。食べた物をブログにアップ(写真・コメント)してキツイことや酷評されると、次からアップするのがすごいストレスにになると。

とりあえず褒めて、いいところがあればどんどん伸ばしてあげるところが素晴らしいと言ってました。

上山先生 【★★★】

このやり方ってゆるいですよね。僕もキツイのイヤなんですが、逆にゆるいってことは長く継続できるところが良いとのこと。

ダイエットの一番の天敵はリバウンドで、それを繰り返してしまうこと、でどんどん脂肪を溜め込んでしまう体になってしまう。

なので、このゆるさが減量の成功のポイントになると言ってました。

姫野先生 【★★★】

これを食べたらダメ!それも食べたらダメといわず、これを食べるならこっちにしなさいよと代替を提案してくれるところがいいとのこと。

そうすることで、あ!こっちのほうが良いんだっていう選択ができることがネガティブな感情を持たなくていいと言っています。

バイきんぐ西村さんのダイエット結果は?

さて、西村さんがやった2週間でのブログダイエットの結果発表になります。ダイエット終了後も、まったく苦労がなかったというほどつらさを感じない様子でした。

食べたいものもしっかり食べて、菊池先生の的確なアドバイスをしてもらいながらムリのないダイエットでしたがどれぐらい痩せることができたのでしょうか?

バイきんぐ西村さんの2週間のダイエット結果

●体重 83.2kg ⇒ 81.8kg = -1.4kg

●ウエスト 99.9cm ⇒ 94.3cm = -5.6cm

●内臓脂肪 138c㎡ ⇒ 117c㎡ = -21c㎡

まとめ

ということで、バイきんぐ西村さんがやった2週間のブログダイエットでしたが、あなたもやってみたいと思ったのではないでしょうか?

食べた物を、スマホやパソコンでアップしてコメントいただくだけですからね。カリスマ栄養士である菊池先生が的確にアドバイスしてくれるのは心強いですよね。

ビールは500ml超えなかったら飲んでもいいっていうのは嬉しいですよね。それよりも、菊池先生の一切の否定の無いやさしいところがいいなぁ~これだったら続けられる!って思いましたね。

西村さんも最初は、顔も見えない相手からのアドバイスってうさんくさい~とか言ってましたけど、取り組んでいるうちに体の変化よりも心の変化にビックリしました。

それだけ、南雲先生も言っていたとおり、自分のことを見ていてくれる人がいると言葉では言い表せない安心感あるんですよね。あと、間違無い方向に向かっているというのも自身になるんだと思います。

気になった人は、菊池先生の本をチェックしてみるのも良いかと思いますよ^^

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ビテラボ|スキンケア・ダイエットに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

パソコンを見ながら電話をする白衣の栄養管理士

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ビテラボ|スキンケア・ダイエットに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

この人が書いた記事

  • 【名医のTHE太鼓判!】彦摩呂の余命はあと3年!?糖質制限ダイエットで-5.7kg減に成功

  • 【名医のTHE太鼓判!】肉を食べてダイエット!たった1週間で-7.7kg痩せる食べ方とは?

  • 酵素ダイエット口コミ!本当に試された人達のガチの体験談まとめ

  • 本当に痩せたダイエットの口コミ!実際の体験談を集めてみました

関連記事

  • 【名医のTHE太鼓判!】肉を食べてダイエット!たった1週間で-7.7kg痩せる食べ方とは?

  • 【ダイエットJAPAN】2ヶ月和食ダイエット!サモア&南アフリカ

  • 【主治医が見つかる診療所】大神いずみ バイきんぐ西村が食べて楽にやせた方法

  • 【主治医が見つかる診療所】おなか一杯食べてOK!○○ご飯ダイエットで楽に糖質制限!

  • 【金スマ】ゼロトレなら5分寝るだけ!1週間で合計-46.3cm

  • 【得する人損する人】もち麦+漬物ダイエットで便秘解消!やり方や注意点は?